どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業12年目

世界ヨガコンテストで4度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

身体の「老化現象」を怖がる前に、これを知ろう!

f:id:kogumaya:20140926201822j:plain

記事のタイトルには、よく驚かされるのですが、

昨日は、電車の吊り広告で、こんなのを発見しました。

 

「40代から始まる「老化現象」との闘いに打ち克つ生活法」

 

かく言う私もあてはまる訳ですが、先日、日本の人口は、

15~64歳が400万人弱減り、65歳以上が400万人超増えた、

という記事を読んだばかりです。

このタイトルに、ギョッとする人は相当多いと思われますね!

 

「老化現象」が始まらない人は誰一人いないのですが、

色々と策があることを身体のカラクリを知る専門家として、

皆さんにお伝えしたいと思います。

 

やはり、身体の知性を増やすべきです。

年に1度の人間ドックや健診を欠かさず、異常がなかったとしても、

数値に現れない「不健康」「老化」は、徐々に進行しています。

 

特に、私たちは「脊椎動物」!

「背骨」の健康なくして、全身の健康はあり得ません!

 

背骨の健康で、まず一つ押さえるならば、

クマの写真で表しましたが(笑)、

背骨と骨盤の境い目、「腰仙部」です。

 

私はまず、身体をざっとチェックする時に、ここを境にして、

上半身、下半身の状態を診ます。

 

「腰」という字に「要(かなめ)」が含まれているように、

この部位は、身体の「要」であると思います。

 

ここが実は「動く」わけですが、この動かし方を知っているでしょうか?

毎日、上手く動かせているでしょうか?

 

これが出来ていれば、身体の老化を上手く乗り切ることができます。

 

姿勢としては、おへその上下数センチを常に、

タテ方向、垂直に引き伸ばすイメージですね。

 

腰仙部を動かすのが難しいとしたら、理由が多々あります。

一つは、この動きが多方向と関わっていて、3Dであることですね。

 

また、お一人お一人違っていると思いますし、なかなか細かい話ですので、

気になる方は、ぜひ、直接私のところへいらして下さい。

 

一つの老化予防策を知って、実践するだけで、

身体の老化現象も、それほど怖くないと思えてきます!

 

お元気な高齢者の方は、自然とこれが出来ていらっしゃいますね。

 

クマの写真のあの赤ラインを「老化予防線」とでも名付けましょうか!^^

 

☆ Dr.コグマはここにいます!→ http://chirohana.com/