どんなに「硬い体」でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業11年

世界ヨガコンテストで3度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

背骨のどこを良くすれば、身体に良いのか?

http://instagram.com/p/wqndD_nOBr/

これから、カイロプラクティックが初めての方に、

どのように始めたらいいのか、ガイドブック的に解説していきます。

 

まず、カイロプラクティックで重視している背骨について。

 

つまり、背骨のメンテナンスとは、一体どんなことなのか?

 

背骨の役割の1つは、姿勢をキープすることです。

 

まず、全体の構造は、上の左の図のように、

「S字カーブ」があるのが良いです。

 

頚椎、胸椎、腰椎の3つの部分に、それぞれカーブがあって、

全体で見ると「S字」を描いています。

 

この「S字カーブ」が崩れている人が、大半なのが実状です。

 

ですので、この「S字」の回復が、背骨のメンテナンスの目的の1つです。

 

「S字」がなぜ崩れるのかというと、

背骨は、上下左右で、隣りの骨と関節を作っています。

 

この関節が動かなくなってくると、S字キープが難しくなります。

「動かない」部分に、痛みも生じてきます。

 

という訳で、この関節がそれぞれよく動くようにメンテナンスします。

 

背骨の連なりを「脊柱(せきちゅう)」と呼んでいますが、

この1本の柱の中に、115の関節があると言われています。

 

メンテナンスし甲斐があると思いませんか??

 

特に大事な部分は、図で、オレンジと黄色で表しました。

 

オレンジ色は「頚椎と胸椎の境い目(=頚胸移行部)」、

黄色は、「腰椎と骨盤の境い目(=腰仙部)」です。

 

猫背のように姿勢の悪い人は、例外なく、この部分が硬くなっています。

 

このオレンジ色と黄色の部分が、きちんと動かせることが、

「背骨の健康」にとって、「良い姿勢キープ」にとって、

大事ですね!!

 

という訳で、背骨の全体像(=S字カーブ)と、背骨の関節の動き、

この2つをまず、背骨のメンテナンスの目的として、挙げたいと思います。

 

もっと大事なこともありますので、また追々、解説しますね!

 

ぜひ、まだ未体験の方も、背骨のメンテナンスを始めて、

身体の総合力をアップして、快適に毎日を過ごしましょう!

 

☆Dr.コグマはここにいます! ⇒ http://chirohana.com カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 

 人気ブログランキングへ

よろしければ、クリック応援お願いします!