どんなに「硬い体」でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で11年

世界ヨガコンテストで3度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

エクササイズでの「身体のまだら現象」を防ぐ!

f:id:kogumaya:20150113203726j:plain

仕事の合間のヨガを始めて、4ヶ月目。

 

今月は、世界のヨガ愛好家の方々が参加する

「ヨガ・チャレンジ」に私も挑戦して、毎日、新しいポーズを覚えています。

 

写真は、今月参加中のチャレンジでのポーズです。全て新しいポーズ!

 

なかなか面白いです! 身心、爽快になります!

 

さて、今まで、ヨガをされている方の身体を診てきた中で、

ある傾向があるのに気付いていました。

 

それは、身体の中に、柔らかい部分と、硬い部分が混在していて、

ヨガをやればやるほど、その差が強くなっていることです。

 

私は「身体のまだら現象」と呼んでいます。

 

これはヨガに限らないことですが、エクササイズをする時、

身体の動きやすい部分だけが、いつも使われていて、

硬くて動かしにくい部分が、使われずにいることで起きます。

 

つまり、エクササイズすればするほど、却ってバランスが悪くなって、

期待するエクササイズ効果が、逆効果になってしまいます。

 

運動すると、身体に良いことをした!と思いがちですが、

やはり、これも仕方によっては、却って身体を痛めたり、

バランスを崩すことになってしまいます。

 

「まだら現象」を作らないようにするには、

 

1)どの筋肉を伸ばすのかを知って、端から少しずつ伸ばしていく。

 

2)自分のやりやすいようにやるのではなく、

  正しい動きの「始まり」と「終わり」の位置を守って、

  無理に「終わり」まで持っていかないで、「始まり」を大事にする。

  (自分の限界を感じたら、「終わり」の手前で静かに中断!)

 

3)どのエクササイズも、正しい身体の動かし方を守ってやる。

  (特に背骨の動かし方が大事!)

 

これは私が、身体のメカニズムを熟知しているので、

初めてヨガをやる時にも、自然と実践していたことです。

 

おかげで、身体を痛めず、つまり「後戻り」することなく、

ヨガをどんどん上達できていると思います。

 

まだら現象も起きていません!

 

「定期メンテナンス」が、こういう知識を得る機会にもなります。

 

また、運動効果がきちんと身体に表れているかどうか、

自覚してはいないけど、運動で却って身体を痛めていないかどうか、

チェックする機会に「定期メンテナンス」が役立ちます。

 

施術の無い「身体の使い方レッスン」というのも、始めました!

 

ぜひ、折角のエクササイズが、身体に効果的となるように、

当院の「メンテナンス」や、「身体の使い方レッスン」をご活用下さいませ!

 

☆Dr.コグマはここにいます!⇒ http://chirohana.com カイロプラクティックHana

 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 

 人気ブログランキングへ

よろしければ、クリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村