どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業12年目

世界ヨガコンテストで4度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

飲み過ぎた!と思った後に、腹筋もチェック!

https://instagram.com/p/0pVh9fHODf/

 

腹筋は、自分でも見えやすいし、触れられる部分なので、

硬い部分がないか、いつもよくチェックしておくと良いです。

 

特に、飲み過ぎてしまった!という時、図の肝臓のある辺りが、

石のように硬くなっていないかどうか、触ってみましょう。

 

慣れてくると、触るまでもなく、見えるようになってきます!

 

というのも、柔らかい腹筋は、表面がなだらかですが、

硬い部位が出てくると、少しゴツゴツと張り出したような部分が出てきます。

 

昨日、ちょうど「呼吸を読む」という話をしましたが、

呼吸の度に、横隔膜が上下に動いて、空気の出し入れをしています。

 

直接、横隔膜が見える訳でもないので、

あんまり気にしたことが無いかと思いますが、

回数にして、1日、2万2千回も上下に動いている働き者です!

 

実は、肝臓は、この横隔膜と隣り合わせになっています。

 

肝臓が動く、なんて考えてみたこともない方が多いと思いますが、

この隣り合っている横隔膜の動きに合わせて、

ちゃんと動いていてくれるのが、肝臓にとっても調子が良いのです。

 

肝臓は約2kgもの重さがあるのですが、これが横隔膜の動きを無視して、

静止しようとしてると、どうにも血流が悪くなるし、働きも悪くなります。

 

ところが、やっぱり、ここも硬くなっていることが多いので、

時々、肝臓がしっかり動いているかどうか、図の肝臓の見えている辺り、

肋骨に沿った辺りなど、触って確かめてみると良いです。

 

硬かったら、筋肉が縮んでるということですので、

胸を少し上の方に上げながら、この辺りを軽く触ると、

スーッと筋繊維が伸びてきます。お腹周りの軽さも出てくるはずです。

 

あまり強く押すと、痛めやすい部位でもあるので、

指を触れる程度でも十分です。

 

よくわからなかったら、ぜひ、私のところにいらしていただければ、

実際に実演(!)できます。

 

これは、内臓マニピュレーションと言って、

筋肉だけじゃなくて、内臓自体の動きも付けていく方法です。

 

不調は、「動きが低下している」ところに生じてきます。

 

血流が悪くなったり、そのおかげで内臓の働きが悪くなったり、ということです。

 

「動き」を助けてあげることだけでも、薬などに頼らずに、

ある程度、調子を上げることが可能です。

 

何事も、度が進んでしまうと、簡単には済まなくなってきますから、

こまめに自分の腹筋をチェックして、内臓のはたらきを

外の動きからサポートしてあげると良いですね。

 

これを書くにあたり、私も久々に、徹底的に(!)

この部分の硬さを取り除いてみたところ、身体が驚くほど軽くなりました!!

 

試しにサルサのターンをやってみると、ストレス無く回転できます!

 

凝り固まった腹筋の影響力、なかなか凄まじかったのですね~~。

 

身体のメカニズムを知れば、こういう簡単なことを日々実践して、

もっともっと、身体の調子を上げることが出来ます。

 

ぜひ、色々、技を増やしましょう!

 

そして、筋骨格系だけじゃなく、飲み過ぎた!というように、

身体の負担をかけてしまった!という時も、

カイロプラクティックの全身のメンテナンスが、

身体の調子を早く回復するのに、お役に立てます!

 

☆Dr.コグマは、ここにいます! ⇒ http://chirohana.com

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 


人気ブログランキングへ

よろしければ、クリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村