どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業12年目

世界ヨガコンテストで4度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

足首の「捻挫」は、カカトで予防する!~ダンサーのケガ予防その1

https://instagram.com/p/1sGp5FHODC/

 

今回から、10回シリーズで、ダンサーのための

「ケガ予防」の方法をご紹介していきます。

 

頭から足先まで、ケガしやすい部分の

シンプルで、効果抜群のものを選んでいきますので、

ぜひぜひ、試してみて下さい。

 

ここでは、皆さんがよくご存知のエクササイズではなく、

私が専門とする「細かい動き」の調整を狙っています。

 

一見、難しいかもしれませんが、わかりやすく解説しますので、

コツを捉えていただければ、カンタンです!

 

足首の捻挫を予防しよう!

1回目は、全身に影響する「足元」から始めていきます。

 

足首の捻挫は、ダンスに限らず、起こしやすいケガの一つで、

一度なると、繰り返される方が多いです。

 

多いのは「内反捻挫」と言って、足首を内側に捻るパターンですね。

 

これは、「カカトへの体重の載せ方」を

コントロールできるようになれば、予防できます!

 

非常に「微妙な」動きですが、ダンスやる方は、

ぜひ、「カカト」に敏感になると、ケガしにくくなると共に、

体の軸もでき、安定感と軽快さ、さらにはダイナミックさが出てきます!

カカトの骨は、2段式!

 

f:id:kogumaya:20150420164416j:plain

 まずは、カカトの構造を理解すると、エクササイズの飲み込みが早いです。

 

カカトは実は、2つの骨で2段になっています。

 

上の右の図は、足の骨を上から見た図ですが、

オレンジ色で囲んだ部分が、カカトになります。踵骨と距骨の2つです。

 

このカカトの2つの骨は、くるぶしの下あたりで、

2つに分かれています。

 

左の図の、オレンジの矢印で結んだライン。

 

水色の太線は、アキレス腱です。

 

アキレス腱が硬くなってくると、

このカカトのつなぎ目も非常に硬くなり、

一度、重心の位置が傾くと、元に戻せず、一点に体重がかかりやすくなります。

 

それが痛みや、捻挫に、つながり得るのです。

 

今回のエクササイズは、ここを動かしていきます!

 

カカトの重心コントロール・エクササイズ

さて、カカトを動かしていきましょう!

 

動かすと言っても、この2段になっているカカトの上と下の骨を

少し揺らすというもので、なかなか地味ですが、効きます!

 

カカトの上で、重心を慎重に動かしていきます。

 

1)重心位置が正しければ、上の写真の一番上の図のように、

  左右のアキレス腱は、平行になっています。

 

  もし、どちらかが斜めになっていたりすると、

  ケガしやすい状態にあります!(早めにメンテナンスしましょう!

 

2)まず、真ん中の図のように、重心を足の内側に移動させます。

  その時、左右のアキレス腱は、「ハ」の字のようになります。

 

3)今度は、一番下の図のように、重心を足の外側に移動させます。

  この時、左右のアキレス腱は、「ハ」の字の向きが逆転します。

 

図では「ハ」の字をわかりやすいように書きましたが、

それほど強く傾けなくてOKです。

 

そもそも、アキレス腱が硬いと、これが全く動きませんので、

アキレス腱のストレッチから始めると効果的です!

正しいアキレス腱のストレッチ法(動画「コグマロジー・チャンネル」)

 

やってみると、左右で動きが違うのを感じたり、

もしかしたら、少し痛みを感じたり、

あるいは、全然動かせなかったり、するでしょう!

 

ただ、これが上手く出来ると、

急に足が軽く感じたり、

張り過ぎていたふくらはぎが緩んだり、

全身の動きが軽くなったり、

痛みが出る靴がピタリと合うようになったりします。

 

静かに重心を「内側」「外側」に移動させる、というもので、

重心コントロールも出来るようになってきます。

 

痛み、ケガの原因は、一度悪い位置に決まってしまった重心が

固定して、元に戻せなくなっている時に起きます。

 

一見、何しているかわからないぐらいのエクササイズですが、

何かの待ち時間の時など、気付いた時にさっとやっておくと、

捻挫知らずな足首になっていきますよ!

 

毎日やると、毎日カカトのコンディションが違うことにも、

気付いてきます。早めにケガの予兆を知ることが、ケガ予防になります。

 

ご自分のカカトの状態のチェックにも、このエクササイズを

利用してみて下さい!

 

もし、方法がわからないなどありましたら、どうかご遠慮なく、

恵比寿の私のオフィスまで、お尋ねくださいませ。

 

足の捻挫は、足の関節の動きにくさや、

アーチの崩れなどにも原因があります。

 

カイロプラクティックでは、この足の調整も大変得意としています。

 

こまめにメンテナンスされると、立ちやすさ、歩きやすさ、

踊りやすさが、格段に良くなり、お勧めです!

 

☆ダンサー支援システムあり! ⇒ ダンサーのメンテナンス支援

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分