読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに「硬い体」でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で11年

世界ヨガコンテストで3度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

身体の「老化」の正体・その2~関節のあそび編

https://instagram.com/p/12YaMwnOK1/

 

「老化」とは一体、何なのか? 知ると「予防」が実践できます!

身体の「老化」の正体を暴く(!)シリーズ、

前回は、「筋膜の癒着」のお話でした。

 

今回は、「関節」に注目します。 

 

関節の大事な部分を知る!

関節には、実は「あそび」があります。

 

関節が、歳と共に硬くなってくるのは、

この「あそび」が無くなってくるからです。

 

「あそび」というのは、普段あまり感じることはないでしょうね。

 

感じるとしたら、「あそび」が無くなってしまった時!

 

動きの中で「ロック」したような感じ、

スムーズに動かない違和感、

もっと進むと「痛み」として感じるでしょう。

 

つまり、「あそび」は関節の動きとして、とても大事なのですが、

ある時には気付かず、なくなってみて初めて気付く、という存在です。

 

予防法あり!

「あそび」がなくなってくる変化は、ごく初期では、

レントゲン写真で写らないものです。

 

ですが、カイロプラクティックにおいては、可動触診という検査方法があり、

関節のあそびを動かしてみて検査できます。

 

もちろん、ここで動きの異常があれば、

回復させるテクニックもあります!

 

この関節のあそびをエクササイズなどで、

ご自分で回復させるのは、なかなか難しいと思います。

 

逆にカイロプラクティックの調整(=アジャストメントと言います!)

では、ほとんど一発で済み、スピーディです!

 

ですので、定期的なチェックとメンテナンスを受けておくのが、

いつも調子良い身体にキープでき、かつ関節の老化を予防します!

 

この関節の「あそび」まで、しっかりチェックできるのは、

カイロプラクティックの特徴ですね。

 

という訳で、身体の「老化」とは、関節のあそびがなくなること、でした。

 

写真のフレーズは、英語のことわざ「勉強ばかりで遊ばないJackは、

ダメな子になる」のJackをJoint(関節)に置き換えてみました!

 

「あそび」とは一見、なくても良いようでいて、

実は、無くなっては困るものですね!!

 

☆Dr.コグマは、ここにいます! ⇒ http://chirohana.com

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 

 

~よろしければ、下記バナーへ、クリック応援お願いします!~

  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ