どんなに「硬い体」でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業11年

世界ヨガコンテストで3度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

身体の「老化」の正体・その3~ 人の顔は四角くなっていく

身体の「老化」は、メカニズムを知れば予防できます!

 

今回の身体の「老化」の正体を暴くシリーズは、顔です!

 

顔が四角くなっていくのは、アゴの筋肉の仕業

老いは、やはり顔に現れますね。

その傾向はまず、アゴに出ます!!

 

つまり、顔の輪郭が、四角っぽくなっていくのです。

 

これはどういう現象かと言いますと、アゴの筋肉が、
硬くなっていくと、そう見えるようになるのです。

 

筋肉は、筋繊維の束なのですが、それが緊張する、
つまり、縮むことで、その束が短く、太くなります。

 

その束が増えることで、見栄えとしては、直線的、
つまり顔の輪郭が、四角っぽくなってきます。

 

これは、顔の輪郭だけに当てはまるのでなく、腰など、
どこの筋肉にも当てはまります。

 

ドクターは、常に、それを視診、観て確かめているのです。

 

なぜ、アゴの筋肉が縮むのか? 

アゴの話に戻りますと、アゴ周りの筋肉は、
「姿勢を維持する」筋肉群の一つ。

 

つまり、その他の姿勢筋と同様、

毎日、朝起きてから夜寝るまで、

姿勢を維持する必要から、縮みやすいのです。

 

加えて、良くない姿勢、前かがみ姿勢で、

アゴの筋肉は硬くなります。

 

なぜなら、口の中の圧が変わるために、

食いしばりやすくなるからです。

 

という訳で、自然現象として、

アゴの輪郭を作る筋肉(咬筋といいます)は、
毎日、毎日、緊張して、縮みゆく宿命にあります。

 

なかなか、アゴの筋肉に注意している人も少ないので、
それが放置されることで、顔の輪郭は四角化しますね。

 

これに注目すると、顔写真を見ただけでも、
およその年齢がわかりますね。。。

 

画面に大写しになった女優さんの顔を久々に見て、

あれ?老けたな~と感じるのも、この四角化が見えた時!

 

顔の四角化を予防するには?

 この四角化を防ぐ方法もあります!

 

一つは「顔ストレッチ」!

 

もう一つは、肩甲骨をきちんと使った良い姿勢!

 

どちらも、「身体の使い方レッスン」もしくは、

私の施術の中で、お教えしています。

 

「顔の四角化」、気付いたら、早めに解消していきましょう!

 

☆Dr.コグマは、ここにいます! ⇒ http://chirohana.com

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 

 

~よろしければ、下記バナーへ、クリック応援お願いします!~

  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ