どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で開業12年目

世界ヨガコンテストで4度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

体の硬い人へ 「ヨガ・ストレッチで体を柔らかくする半年間」~今週のポーズ「三角ポーズ」

https://instagram.com/p/4DREbYHOPB/

30代、40代からでも、体の硬い人が「体を柔らかくする半年間」は、

いよいよ、今月も後半戦!

 

これまでの、「今月のポーズ」3つに、

週替わりポーズ、1つ目、2つ目に続いて、

「今週のポーズ」をつなげて下さいね。

 

今回、このチャレンジを初めてご覧になった方は、

出会った記念に(!)、このポーズから始めてみましょう♪

 

今回は、体の硬い人にとって、やや難しいかもしれませんが、

やり甲斐ありますよ! やってみましょう!

 

今週のポーズ「三角ポーズ」のやり方

木曜始まりの今週のポーズは、三角ポーズ(Triangle Pose)です。

 

上の写真をご覧ください。

まずは、この写真のように体を右に倒すやり方で説明します。

 

1)両足を開いて立ち、体を倒す方の足(右足)は、

  つま先を外側に向けます。もう片方の足のつま先は正面です。

 

2)両腕を肩の高さで水平に開きます。

 

3)その状態で、体を右に倒していきます。

  この時、横に倒すだけでなく、少し体を反対側に捻るようにして、

  反対側の脇腹も伸ばしましょう。

 

4)体の位置は、行けるところまででOKですが、

  出来る方は、体が水平の位置になるまで、

  下に来る手(右手)は右脚のどこかを持ち(可能なら足首より下!)、

  上に来る手(左手)は天井を向けます。

  顔も出来れば上に向けます。

 

という訳で、きれいな三角形が作れたでしょうか??

 

体を左に倒す側も、同様にやってみて下さい!

 

「三角ポーズ」のコツ

脇腹~骨盤にかけてを伸ばすポーズですが、

日常にあまりない動きで、難しく感じる人が多いでしょう!

 

体を倒す側のヒザに負担がかかり過ぎないよう、

両足でしっかり立ちお腹を凹めた良い姿勢のまま

三角形を作ってみましょう。

 

上手く体を倒せない方は、とりあえず、

両腕を水平に広げたまま、静かに行けるところまで、

体を倒していく感じでOKです。

 

無理やり、急いで、手を床につけようとすると、

腰を痛める可能性ありますので、注意しましょう!

 

これが上手く出来るようになると、

腰や股関節の動きが、格段に良くなりますよ!!

 

「ヨガ・フロー」での楽しみ方

これを先週までのポーズにつなげて、ヨガ・フローにする場合、

先週の「サイド・プランク」で床に付けた手と反対側に、

体を倒していくと、フローに動きが出て面白いです。

 

さらに、そこから反対側の「三角ポーズ」をやり、

また反対側の「サイド・プランク」に戻っていくと、

楽しい「ヨガ・フロー」になります!

 

動画でも、このようにご紹介しています! ご覧になってみて下さい。

 

効果的なやり方が一発でわかる「ヨガ・フロー・クラス」

「硬い体から卒業しよう!」を合言葉に、

それぞれのポーズのコツが一発でわかる「ヨガ・フロー・クラス」も

開催しています。

 

お一人お一人の体のクセや、硬い部分が違いますので、

意図した動きと実際が、意外と食い違ってることが多いです!

 

形は何となく出来たように見えても、

「体を柔らかくする」ポーズになっているかどうかが大事!!!

 

コツは早くつかめばつかむほど、効果の出方が早くなります!

 

ぜひ、お一人で悩む時間は少なくして、

クラスにもぜひぜひ、ご参加下さい。

 

遠方の方は、お写真見ながら、何度でもアドバイスを受けられる

「1ヶ月間アドバイス受け放題」も、可能です。

 

この半年で、必ず、「硬い体」から卒業しましょう!!

 

30代、40代からでも、もちろん、どの年代の方でも、

毎日、正しい方法で励むことで、体は柔らかくなります!

 

☆Dr.コグマのメンテナンスを受けたい方は ⇒ http://chirohana.com

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿、駅より徒歩1分 

 

~よろしければ、下記バナーへ、クリック応援お願いします!~

  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ