どんなに「硬い体」でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★恵比寿で11年

世界ヨガコンテストで3度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

体の硬い人へ 「英雄のポーズ3」で、片足立ちポーズに慣れる!

f:id:kogumaya:20151014215412j:plain

「美脚」に近づくポーズは、片足立ち!

30代、40代からでも、体の硬い人が「体を柔らかくする半年間」チャレンジ、

今月は、「美脚のヨガ・フロー」を完成させています。

 

「片足立ちポーズ」は、体を早く柔らかくしたいなら、

毎日、必ず1つは、やりましょう!!

 

「片足立ちポーズ」で、体を柔らかくするには、

まず、立ち脚のヒザが曲がらないようにすることです。

 

これが本当に大事! かつ、太ももから足裏まで、

床に対して、きっちりと垂直に押す力で、体を固定させます。

 

これは、ヒザに体を乗せるというのでもなく、

ヒザ上も下も、まるで一本の棒のようにして、

体を乗せた方が、バランスもとれるし、ヒザも痛めません。

 

このコツをつかむまで、ぜひ、何度も挑んでみて下さい。

 

出来るようになると、いつまででも安定して、

片足立ちできるバランスになってきます!

 

そして、脚全体のラインが美しく決まってきますね!

 

まさに「美脚」に近づくポーズです!!

 

「英雄のポーズ3」のコツ

実は、このポーズ、意外と難しいですね。

私も、これまであんまり好きなポーズでありませんでした。

 

が、今月のポーズとして、毎日やるようになって、

バランスが上手くとれるようになると、本当に気持ちがいいポーズです。

 

上の写真のように、広い野外で、思わずやってみたくなりますね~!

 

このポーズのコツは、上記した「片足立ちポーズ」のコツに加えて、

やはり、腹筋ですね!!

 

このポーズをやると、脚とお腹が「連続している」ことを

よーく実感します。

 

本当は、立っている時も実感しないといけないのですが、

このように、水平に傾けることで、その意識がよりはっきりとします!

 

お腹を平らにして、かつ太ももまで一直線にキープすることです。

 

脚を思い切って、いちばん上の方から開くと、

股関節が柔らかくなってきます!

 

股関節が硬い人は、それが一番難しいと思いますが、

立ち脚が安定すれば、座りポーズで開脚するよりも楽に、

脚を開けますよ!

 

「英雄のポーズ3」の「タフ&セクシー」ポイント♪

「タフ&セクシー」な体を目指す人は、ぜひ、

ちょっと難しいことにチャレンジしてみていただきたいです。

 

という訳で、英雄のポーズ3のような、ちょっと難しいけれど、

立ちポーズのコツを使って、練習を繰り返せば、

すぐ上達できる片足立ちポーズに、どんどん挑んでみて下さい。

 

これまでも、「ダンサー・ポーズ」、「半月のポーズ」、

飛行機ポーズ」(←これも「英雄のポーズ3」のバリエーション!)、

一本足のポーズ」を練習してきましたね!

 

最初、ぐらついてばかりだと、なかなか好きになれないかもしれませんが、

安定すると、その面白さが、急に体で理解してきます!

 

最近、ビーチヨガや、パークヨガを始めて気付きましたが、

室内の平らな床と違って、砂浜や芝の上では、多少凸凹があるので、

バランスとる難易度が高まって、面白いですね~!

 

ぜひ、そんな「身体の冒険」を楽しむのに、

このポーズで、慣れていって下さい!

 

片足立ちポーズのコツも「美脚も目指すヨガ講座」で!

片足立ちがぐらつく原因は、実は、その人その人によって違います!

 

原因がわかれば、その対処や、弱い部分を高めるエクササイズもできます。

 

ぜひ、片足立ちが練習しても、上手くならない!

体が柔らかくなる実感がない!という方は、

一度、私の「ヨガ・フロー・クラス」にいらして下さいね。

 

今月は「美脚も目指すヨガ講座」と題して、

水曜、土曜に、少人数制でクラス開講しています!

 

日程合わない方は、ご都合の良い日時での個人レッスン(30分)も可能です!

 

コツを早く知って、早く「硬い体」から卒業しましょう!

 

カイロプラクティックHana 東京・恵比寿 駅より徒歩1分

Dr.コグマ 金本裕子B.C.Sc. http://chirohana.com/