どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★東京・恵比寿

世界ヨガコンテストで5度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

肩こりも改善! 「肩甲骨を動かす」ための3つのコツ

f:id:kogumaya:20190201185733j:plainhttps://instagram.com/p/2nVkTEnOEL/

肩甲骨につく筋肉は17種類!

「肩甲骨」は、普段、見えないものですが、

こんな風になっています。

 

上の図の左は、前側から見た図、右が、背中側から見た図です。

 

両面に20か所も、筋肉が付いているのをご存知でしたか??

 

首、肩、胸、腕、背中から、17種類もの筋肉が

1つの肩甲骨に付いています。

 

そういう訳で、動くのです!

 

ですが、以前、身体の「老化」の正体は「筋膜」にあり

というお話をしましたが、筋膜が張り付きやすい部位でもあります!

 

多くの方が、肩甲骨が張り付き気味になっていて、

良い姿勢がとれない、肩が上がりづらい、腕が伸ばしにくい、

肩こりがひどい、といった状態になっていきます。

 

一旦、筋膜が張り付いてしまうと、動かすのは大変ですが、

多くの場合、「これから動かせば、まだ間に合う!」という状態です。

 

コツがありますので、ぜひ、肩甲骨のメカニズムを押さえていきましょう!

 

その1 大きな筋肉から緩める

17種類も筋肉があると、どこからストレッチしたらいいのか、

迷いますね?

 

お勧めは、大きなサイズから攻めていくことです。

 

広背筋、大胸筋、上部僧帽筋あたりから、始めましょう。

 

次に、腕の筋肉、さらに背中の小さい筋肉、という順が、

肩甲骨を動かしていくのに、「やりやすい」順序です。

 

効果も出やすいので、やり甲斐も生まれます!^^

 

その2 背骨との関連を知る

肩甲骨は、直接背骨とはつながっていませんが、

筋肉や他の骨と介して、連動して動いています。

 

背骨の「S字コントロール」を理解すると、

肩甲骨が、よく動いてきます。

 

多くの方が、「S字」が崩れたまま動かそうとして、

上手く動かせないのです。

 

アゴを引いておく、両肩を下げておく、というのが、

肩甲骨を動かしやすくするコツです。

 

つまり、首・背中との連動感をつかみとりたいですね!

 

その3 腕も緩める

「腕」の始まりは、「肩甲骨」にある、といって良いです。

 

肩甲骨が動かなくなってくると、腕のハリも強くなっていきます。

 

まず、腕全体のストレッチをしておくと、肩甲骨も動かしやすいです。

 

腕がはっているかどうか、わからない!という方は、

立ち姿勢で、チェックできます。

 

立ち姿勢で、腕が真下、身体の横に自然と下がっているかどうか?

 

ハリが強くなってくると、身体の前側に手がきています。

 

 

これらのコツを合わせると、肩甲骨は動かしやすくなってきます。

 

 

日々、皆さんの「肩甲骨」の動きをチェックしていますと、

このコツが「紙一重」な感じで、上手く出来ていない人が多いですね。

 

あとチョットというところで、上手く動かせていません。

 

直接アドバイスを受けると、早いですので、

ぜひぜひ、「肩甲骨」にお悩みの方は、

Drコグマのオフィスにいらして下さい。

 

冬の寒い時期よりも、動かしやすい良い季節になりました。

 「肩甲骨」を動かせるようにしたいなら、今がチャンス!^^

 

f:id:kogumaya:20190201185733j:plain