どんなに体が硬い人でも「開脚180度」に近づく!Dr.コグマの「1日1分ヨガ」美脚・開脚プログラム★東京・恵比寿

世界ヨガコンテストで5度も入賞した実績を誇る希少価値高い、魅了のヨガ・メソッド!

体が硬い人が、ヨガで体を柔らかくするコツは「動きの足し算」

f:id:kogumaya:20190201185733j:plainf:id:kogumaya:20190612150950j:plain

ヨガで体が柔らかくならないのは、このコツを押さえていないから!

体が硬いと、ヨガがつらい!

ヨガしても、なかなか上手くならない!

 

と諦めてしまっていませんか?

 

諦める前に、ぜひ、ここでお伝えするコツを

お試し下さいね!!

 

Drコグマの「1分ヨガ」メソッド」は、

「体のメカニズム」を徹底的に押さえていきます。

 

だからこそ、1日たったの1ポーズでも、1分でも、

毎日やるなら、日に日に体が柔らかくなります。

 

ヨガしているのに、「体が柔らかくならない!」

という声をよく聞きます。

 

もし、このコツを押さえていないのなら、

1日長時間やったとしても、

ヨガで体が柔らかくなる効果は出てきません。

 

それはどんなことでしょうか??

 

「体が硬い人」の特徴とは?

これまで沢山の体が硬い人にヨガを教えてきたDrコグマは、

体が硬い人が、ヨガする時の特徴を見抜きました。

 

どういう訳か、教えられてもいないのに、

体が硬い人のほとんどが、

そうなっている、という共通した特徴です。

 

「体が硬い」とは、

実は「筋力が弱い」体でもあることです。

 

パワーが足りないのです。

 

それは、どんなパワーか?というと、

同時に2つ以上の動きができない、ということ!

 

これは、「盲点」と言っていいほど、

この状態に気づいていない方が多いです。

 

そして「体が硬いからできない」と思い込んでいます。

 

確かに柔軟性の問題もあるのですが、

むしろ、動かし方、パワーの問題です。

 

例えば、「立つ」ということ(ヨガでは「山のポーズ」)にも、

実は、2方向の動きが、同時進行しています。

 

「前屈」も同じです。

 

「開脚」になると、これが4方向になってきます。

 

例えば、立ち姿勢で前屈しようとした時、

ヒザが曲がってしまいませんか?

背中が丸まってしまいませんか?

 

ヒザも曲げずに伸ばすし、背中も伸ばす、

というのが、「前屈」の基本です。

 

これが、どちらかができたとしても、

両方できないと、前屈が進みません。

 

という訳で、ヨガでは「動きの足し算」になっています。

 

足し算ができるようになるには、

パワーが必要です。

 

ですが、大丈夫です!

 

1日1ポーズであっても、

この「足し算」を意識してやるなら、

気付いたら、いつの間にか、できています。

 

逆に、「足し算」を知らずにいると、

週1や、それ以上の頻度で、ヨガクラスに通ったとしても、

あまり体は変わりません。

 

むしろ「体の老化」が上回り、体は硬くなってしまうでしょう!

 

「1分ヨガ」で「体を柔らかくする」コツ

このように「ヨガで体を柔らかくするコツ」を

「1分ヨガ」メソッドでは、1つ1つ押さえてきます。

 

1ポーズであっても、たった1つでも、

採り込んでいくなら、体は確実に柔らかくなりますよ!

 

今では、これを「マジック・ベーシック」

呼んでいます。

 

最初の6週間で、どんなに体が硬い人でも学べるようになっています。

 

体が硬い人が、カンタンに体を柔らかくしていくカラクリ、

ぜひ、知って、体験していただきたいです!

 

f:id:kogumaya:20190201185733j:plain